女性からの好感度を上げる話し方テクニック

女性からの好感度を上げる話し方テクニック

女子に好印象な男子になりたい

女性に好印象な男子になりたい、彼女欲しい男子じゃなくても、既婚男性だってこう思っています。
異性にこの人無理とか、この人の会話おかしくない?と思われるより、結婚していても、この人の奥さんうらやましいなと思われたり、結婚し「ちゃってるんだ」と思われるようになりたいんです。

女性がこの人素敵と思う要因には、「話し方、会話」があります。
ああ、こんな風に会話してくれるんだ、こんな話し方っていいなと感じさせる話し方です。
これから彼女をゲットしたいという人は、ぜひ、素敵な会話術を身に着けて女性に好印象と思われる男性になってください。

誰にでも丁寧

上司や目上の人にはものすごく丁寧な話し方なのに、後輩や目下の人といると横柄な話し方になるという男性もいます。
好かれる話し方をする男性は、上司であろうが後輩の女性であろうが、丁寧語をしっかり使っています。
確かに上司に「○○さん、この書類、こういう風に作ってくれますか?」とソフトにいわれるのと「○○、この書類仕上ておけよ」といわれるのでは全く印象が違います。

丁寧語で接してくれる方が質問もしやすいですし、頑張ろうという気持ちになります。
仕上ておけよなんて言われるとわからないことがあっても質問しにくいです。

最後までしっかり話を聞いてくれる

男性に話をしている時、「で、最終的にこうなるってことでしょ?」と話をおられると、それまで気になっていた人でも、何この人?と頭に来ることがあります。
説明が苦手という人は結構多く、回りくどい言い方になってしまう人も多いのですが、そういう事がわかっていてもしっかり話を聞いてくれて、なるほどと最後まで会話できると、優しいなと思えます。
途中、言いよどんでしまっても、いいよ、ゆっくり伝えて?なんていわれると女性はきゅんとするものです。

前に話したことをちゃんと覚えていてくれる

男性に以前何気なく話をしたことを覚えていてくれて、「前にこういう風に言っていたけど、それがこんな風になったんだ」とつなげて話をしてくれると、ちゃんと覚えていてくれたんだ・・・と関心します。
いつでもこちらの話しを真剣に聞いてくれて、しかもしっかり覚えている状態で話をしてくれる、なんて素敵な人だろうと感じます。
男性の中には自分の事ばかり話をして、女性の話を面倒とか回りくどくてイラッとするなどほとんど聞いていない人も多いのです。

私の事を覚えていてくれるというのは安心感につながります。
言葉、会話というのは普段からしているものなので、ふと油断してしまう事もありますが、相手の事をよく考えて受け答えする事で印象のいい男性になれるのです。

Related posts