結婚に必要な資金っていくらなの?

C824_shirobaratoribon_TP_V

結婚式するとはいっても先立つものがかかります

結婚したいと簡単にいうカップルがいますが、結婚式にいくらくらいかかるのか、費用を理解されているでしょうか。
若い人の中にはご両親に負担をかけたくないと、彼女と一緒に費用をためて結婚披露宴をするというできた人たちもいますが、費用などの事は親が出すものと、全くどのくらいの費用がかかるのかわかっていない人もいます。

おめでた婚などで結婚式なんて今更しなくてもいいという方もいますが、両親はやはり二人の晴れ姿をみたいものです。
出来れば、費用をためてある程度準備して、足りない分を親に補ってもらうくらいでいる方が安心です。

結婚にかかる費用は挙式費用だけじゃありません

昔ながらの儀式をしっかり行いたいと考えているご両親は、結納、婚約からしっかり行いたいと考えます。
お互いの両親、また兄弟なども出席する結納、婚約式などは食事会として行うにしても、通常、新郎新婦が費用を出します。
この費用も、懐石料理店などを利用する事が多いので結構な金額です。

結納から挙式、そこまででも費用がかかりますが、その後、もしいずれかの実家に暮らさない、今暮らしているところから別の新居に引っ越すという事になれば、引越費用、新居の敷金礼金も必要です。
新婚旅行に行くようなら旅行費用も掛かります。

具体的にどのくらいかかるのか

結納、食事会などの費用はかかるといっても、数万円という費用です。
これからかかる費用を考えれば可愛いものです。
お時間がある方は、こちらのサイトもどうぞ。
>>結婚式費用の予算・見積・支払マニュアル – ぐるなびウエディング

結婚式、新婚旅行、一緒に暮らす準備、この三つについて大きな費用がかかると考えておきましょう。
結婚式、披露宴はお式そのものの費用、引き出物、ドレスなどの衣装代などを含めると少なくとも、200万円くらいはかかります。
ご祝儀で戻ってくるとしても、半分ないしは100%あるかないかです。
最終的に支払する時、足が出ることがほとんどです。

新婚旅行は正直、費用がなければいかなければいいので、お金がないならいかないほうが良いとも言えます。
無理して行ってもその先、結局返済していくのは自分たちです。
落ち着いて二人でお金をためてから長い休みを利用してという事でもいいでしょう。

新居に関しては家電製品で利用しているものがあれば利用できますが、お互い実家にいたという人は家電製品も家具も必要となります。
敷金礼金、引っ越し費用などを含めて最低でも100万円はかかるので、ここにも大きな費用がかかると考えておくべきです。
もしおめでた婚となると、赤ちゃんにかかる費用が出てきますので、新婚旅行はしない、新居については、お互い一人暮らししている、若しくは片方が一人暮らしならいずれかの住まいに入る、若しくはいずれかの実家にお世話になる(しばらくでも)という方法をとる方が安心かもしれません。

Related posts