プロポーズで「保留」!?婚約前の女性のホンネ

プロポーズで「保留」!?婚約前の女性のホンネ

その結婚、ちょっと待って!

絶対にプロポーズしたら涙を流して感動してくれると思って、友達も巻き込んで盛大なプロポーズしたのに、「ちょっと返事待ってもらってもいい?」といわれたら、びっくりしてしまうどころか、彼にとっては大きな不安となるでしょう。
結婚してくれるもの、彼女も結婚しようと思っているはずと思っていたのに、思いもかけずプロポーズの返事が「待って」では、拍子抜けどころか落ち込むでしょう。

一か八かのプロポーズという事ならわかります。
待ってといわれたらいい方向なのかもと逆に喜ぶかもしれません。
でもYESが当然と思っている相手に保留されたら?気持ちが折れてしまう方もいるでしょう。
もしかしてプロポーズを保留するかもしれない女性の本音、ご紹介します。

プロポーズされても将来が心配

経済力がない男性が多くなっていて、そのことが、男性の結婚願望の減少につながっているという事がありますが、やはり、今、若い男性は経済力がないという方が多いという現実があります。
彼女の方がそれを二人で補っていこうというつもりがあればいいのですが、結婚して子供を産んで私が働かなくなったら、きっと生活に困ってしまうと不安を抱いてしまう事もあります。

男性の方がロマンチストで、女性は現実的なので、暮らしていけないかもしれないという現実の状態を不安に思い、プロポーズを保留するという事もあります。
最近の若い男性の中には、学生で親のすねをかじっている状態で結婚しようといってくる責任感のない男性も多いといいます。

実は……忘れられない人がいる

今、彼と本当に楽しく付き合っているけれど、実は心の奥底に忘れられない男性がいて、付き合っている状態ならいいのだけど、結婚となるとその人の事を吹っ切れるかどうか不安という女性もいます。
男性にとって裏切りと感じることですが、どんなに好きでも一緒になれなかった人とか、好きなのに別れることになってしまったという人もいるでしょう。
そういう人が心にいながら、目の前の誠実な彼のプロポーズを安易に受けられないと真剣にとらえて保留する女性もいます。

仕事とのはざまに揺れる女性も

プロポーズした年齢が女性にとってとても大切な時、という場合もあります。
仕事上、大きなプロジェクトを任されそうなところ、スキルアップできそうなところにきている、今結婚となればもうこの職場には戻れない・・・仕事と結婚のはざまで、どっちを採るべきか悩むという女性、今本当に多くなっています。

男性の方は、結婚してからも仕事頑張ればいいじゃんといいますが、結婚すれば子供の事なども浮上してきますし、姑にとっては赤ちゃんを産んでくれる嫁が欲しいかもしれません。
仕事をもっと頑張りたいという気持ちがあって、プロポーズを受け入れられない女性もいます。

Related posts