男性編!モテる職業をランキングにしてみました

男性編!モテる職業をランキングにしてみました

女性受けしやすい職業とは

恋愛の場において男性と女性とでかなり認識が異なることは多いですが、その中の一つに「モテる職業」があります。

男性の目から見て憧れる職業と、女性から見て受けがよい職業というのは全く違うとは言いませんが、かなり大きな違いがあるものです。

そのため女性に受けがよいと思って張り切って自分の職業を教えても、それがかえって相手からの距離を広げられてしまうこともあったりします。

女性と一括りにするのは少々乱暴ですが、将来的に結婚を意識しており現在その相手を探している女性である場合、男性に求めるものはだいたい同じです。

具体的には「安定性」「将来性」「世間体」です。
男性としては常に新しいものを探求する技術職や、歩合制やトレーディングで大きな利益を出せる職業などに魅力を感じるかもしれませんが、それは女性からは全く逆に映ります。

もちろん今現在お金をたくさん持っていて、羽振りよくガンガン周囲や女性におごりまくるような男性は一緒にいて楽しいものではありますが、果たしてその人と結婚をしたときにその生活が長く続くかというと、ちょっと不安に感じることもあるでしょう。

それならばそれなりに安定的な収入があり、かつ将来的に職を失うリスクの少ない仕事をしている人の方が、結婚相手としては魅力的なのです。

高まる公務員の人気

「安定性」「将来性」「世間体」の三点を備えている職業として、ベスト5を並べてみると以下のようになります。

1.公務員
2.医者
3.銀行員
4.商社
5.その他大手企業

いずれもいわゆる「硬い仕事」であり、長く勤務をすることにより高い給与を得ることができる可能性の高い職種です。

公務員といっても色々な種類がありますが、中でも国家公務員となる省庁務めの人などは高い人気があります。

一方同じ公務員であっても、消防署員や自衛官といった職種の場合は危険が伴いますので、そのあたりは女性によって考え方が分かれるかもしれません。

また、医師も昔から根強い「玉の輿」相手とされています。
というのも医師の仕事は年収1000万円超えも珍しくない高収入の職であるとともに、医師免許を取得するまで高い教育費がかかることから、実家も資産家である可能性が高いからです。

銀行員や商社も同じように年収が高く、安定的な仕事として女性に人気があります。
しかしここ近年では銀行も統廃合が行われていたり、商社も外資系企業の参入により必ずしも永久的に安定というわけではなくなってきていますので、シビアに会社について調べられるかもしれません。

とはいえ女性もその職業について本当に詳しいわけではなく、イメージ的に「なんとなくよさそう」で選んでいることが大半ですので、自分の職業を堂々と明かすことで信頼感を得られることと思います。

Related posts