女性が本命にだけ送る「デート後のお礼メール」とは

女性が本命にだけ送る「デート後のお礼メール」とは

小さな変化を見逃さないこともオトコの条件

世間一般的なイメージでは、男性は鈍感で細かいところに気づくことができないかのように言われています。
しかしそれは裏を返せば、細かい部分に気づくことができる男性は希少価値があるということになります。

実はデート直後に送られてくるメールにこそ相手の女性の本音が隠されているということがよくあり、その微妙な機微を読み取れないことでその後発展するはずの恋愛を後ろにそらしてしまうというケースもあります。

まず最初のケースとして抑えてもらいたいのが、デートをして別れてからすぐにメールやLINEを送ってくるという倍です。
そうした行動をする女性というのはかなり恋愛に慣れており、その後どういった関係でいたいかということを間接的ながらはっきり示してくれています。

「ありがとうございます」「とても勉強になりました」といったビジネスライクな内容なら、行動そのものに感謝はしているけれども、それ以上の好意はなかったという意味です。

しかし多少なりとも恋愛関係になることを意識している場合には、文章内にハートの絵文字を多用したり、「また今度一緒に行きましょう」といった次回を匂わせる言葉が挟まって来ます。

「次も誘ってください」があるならかなり有望

デートのあとの女性が送るメールの内容としてまずひとつの判断基準にすべきなのが「次回」に関する文言があるかどうかです。
単純なようですがこれはかなり確実性が高い内容となります。

「今日は楽しかったです」「ごちそうしていただいてありがとうございました」といったような内容は、ちょっと気の利いた女性ならば本命であるかどうかにかかわらずすぐに送ってくる内容です。

しかし女性は恋愛対象としてこれからももっと付き合いを深めたいという相手に対して以外に「また次回一緒に行きましょう」「次回はあちらに行きましょう」といった次を匂わせるようなことは絶対にしません。

もっともかなり気前よくおごり、次回以降もそうするといったことを示した男性に対しては、おごり目当てに次回を匂わせるようなメールやLINEをする女性もいますので、そのときには内容をより細かく見ていく必要があります。

基本的にデートのあとに女性から「次回もまた」といったような言葉が返ってくるのはかなりそのデートが成功したという印になります。
もしその子が本命なら、余計なプライドなどは捨て「次回」に対しての返答はすぐに行うべきと言えます。

女性の小さな文言に現れる感情を読むことができるようになればそれだけで恋愛上級者と言ってもよいでしょう。
デートの直後のメールやLINEに関してはいつもどおりではない鋭い感性を持って望むようにしてください。

Related posts