彼女と手つなぎデートしたい時に効果的な「セリフ」とは

彼女と手つなぎデートしたい時に効果的な「セリフ」とは

手をつなぎたいけどできないという悩み

デートスポットを歩いていると当然のことながら沢山のカップルが並んで歩いているところを見かけます。
しかし案外よく観察をしてみると、親しげに手を繋いで一緒に歩いているカップルというのは少ないものです。

とても好きだった人とやっとお付き合いをすることができたという人にとっては、相手と仲良く手を繋いで歩くのは大きなあこがれです。
しかしやってみたいと思っていても、案外「やろう」と言い出すのは難しいことだったりします。

二人きりで部屋にいるときにはべったりなのに、外に出るとちょっと距離をおいてそっけなくなってしまうという人もいます。
これは公共の場で堂々とベタベタするということに抵抗感を持っているためです。

人前で手をつなぐというのは現在の年配世代ではほとんどされないことだったので、両親の姿を見ていない分自分から行動に出ることができないのかもしれません。

ですがせっかく仲の良いカップルなら、一度は手を繋いで歩いてみてもらいたいです。
もしきちんと相手との信頼感ができていて、かつ人前で手を繋いだことがないというならまずは素直に「手を繋いでみない?」と言ってみてはどうでしょうか。

案外悩んでいたことが馬鹿らしく思えるくらいに、あっさりとOKをもらえるかもしれません。
もしちょっと恥ずかしそうにしているなら、思い切って自分から手を取ってみるというのも男らしくリードをするという意味でポイントが高くなることでしょう。

付き合いたての頃にこそ手つなぎは有効

既に付き合って数ヶ月~数年が経過しているカップルなら、どちらかが言い出せばおそらく手つなぎは簡単に実現することと思います。

一方で付き合って間もないカップルや、一応何度かはデートをしているけれどもよそよそしさがどうも消えないというカップルの場合には、思い切って自分から手つなぎをもちかけてみることをおすすめします。

ごくさりげなく手をつなぐきっかけにすることができるのが「人混み」です。
よくあるシチュエーションとして、人の流れが複雑なお祭りや展示会系のイベントではぐれないようにと手をつなぐということがしやすいです。

なのでなかなかお互いの距離感が縮まらないなと思う人がいるなら、デートの行き先として人が少ないところではなくあえて人が多い場所に誘ってみるというのがよい方法と言えます。

一度手をつなぐことに成功をすると、次からは特に人が多くなくても自然に手をつなごうといいやすくなるので、まず最初の一歩を踏み出すことが大事です。

気をつけたいのが、映画館や暗闇などで突然手を握るといったことはできるだけしないほうがよいということです。
予告なく体に触れられるというのは女性にとってはビックリを通り越して恐怖感になってしまうこともあるので、触れる前に一言予告をしましょう。

Related posts