印象第一!眉毛をかっこよく整えるテクニック

印象第一!眉毛をかっこよく整えるテクニック

男性も眉毛くらいは整えるのが常識

数年前に、高校野球のインタビューを受けた選手の1人が眉毛を整えていたということで、ちょっとした論争が起こったことがありました。

古い考え方の人たちにとっては「スポーツマンが眉毛を整えるのはふさわしくない」といった不思議な話を展開していましたが、スポーツマンであろうとなかろうと、自分の見た目に気を使うのはよいことです。

とはいえ男性が眉毛を整えるという美容方法は女性のメイクと比べてまだまだ情報が足りないので、自分もやりたいけれども道具や切り方のコツがわからないという人もいることでしょう。

そこで初めて眉毛を整えるという時に最初に購入しておきたい用具としておすすめなのが「GATSBY メンズアイブローキット」です。

「GB アイブローキット」はメンズ美容品メーカーGATSBYの製品で、毛抜き、眉毛用クシ、繊細ハサミの三種類がセットになっています。

定価で1000円程度ですがドラッグストアなどでは値下げされていることも多いので、600円程度で揃えることができます。

その他にも眉毛カットをするときに便利な前髪を止めるピンや、手元で作業をしやすくしてくれる置き鏡といったものも別に購入しておくとよいでしょう。

眉毛カットをする手順

まず作業をする時には眉毛を見やすいように前髪を止めておき、それから付属のクシで眉毛を梳かしていきます。

眉毛用のクシはきめが細かく流れをつくりやすいので、専用のものを使用するのがおすすめです。

梳かし方としては眉間から眉尻に向かって流れをつくるようにし、長さや細さを整えてカットしやすくします。

次にカットですが、クシを眉毛に差し込むようにして、そこからはみ出た部分をカットしていきましょう。

眉毛が濃いめの人の場合、上まぶたにも産毛のようにたくさんの毛が生えていることと思いますので、毛抜きを使って丁寧にムダ毛を抜いていきます。

形を作る時には眉頭・眉山・眉尻の三点を意識し、角度を作ることを意識しましょう。
先に紹介した「GB アイブローキット」では整え方のコツが付属していますので、その手順に従って行うとキレイに仕上げることができるのではないかと思います。

最も大切なのが鼻と目元との位置関係で、長さや距離を目鼻を基準に考えてつけていくことで、バランスのよい顔にすることが可能です。

特に毛深い体質の人は伸びすぎゾーンがありますので、そのムダ毛部分を軽く整えるだけでもかなりすっきりとした見た目になります。

毛抜きや繊細ハサミは慣れないとなかなか使うのが難しいのですが、慣れてくると鏡を見ながらどこをどう整えるかがわかるようになってきます。

最初は大変ですが、一度キレイに整えることで、あとはちょっと伸びてきたときに整えるだけになるので楽です。

Related posts